3か月予報【5月】初夏の先取り、【6月】梅雨でムシムシ、【7月】厳暑 2016/5~2016/7

気象庁が、5月~7月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。これによると、今年の偏西風は北に蛇行するため暖かく湿った空気が流れ込みやすく、5月から7月までの3か月は、全国的に平年より気温が高くなります。また、夏の間にラニーニャ現象が発生する見込みです。
5月前半は晴れて「すがすがしい陽気」になり初夏を先取り、5月後半は曇りや雨の日が多く「走り梅雨」になります。6月は例年通り梅雨空になり、ムシムシします。西日本の太平洋側では、今年も梅雨の大雨にご注意ください。7月前半は例年通り梅雨が残り、7月後半は晴れの日が多くなり、厳しい暑さになります。

3か月予報 暑くて雨が多い(日直予報士)

この先3か月は、気温は平年より高い所が多いでしょう。特に5月は関東から九州で暑い日が多くなりそうです。降水量は西日本の太平洋側を中心に平年より多い見込みです。最新の3か月予報です。(2016-04-25 18:36:35)