国立天文台 | ほしぞら情報2013年12月「ふたご座流星群が極大」

今週末の12月14日(土)の15時に、ふたご座流星群が極大するので、14日から15日にかけての夜が見頃です。ただし、月明かりがあり観測条件はあまりよくありません。それでも最大出現数は、1時間に50個が期待できます。放射点は東北東の方向です。防寒対策を万全に。

国立天文台 | ほしぞら情報2013年12月「ふたご座流星群が極大」

http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2013/12.html#sky-topics03

12月14日前後、ふたご座流星群の活動が活発になります。 ふたご座流星群は、毎年安定した出現を見せる流星群ですが、今年は夜半すぎまで月明かりの影響があり、観察条件は良くありません。しかし、毎年出現する流星群としては最大規模の流星群ですので、寒さ対策をしっかりして観察してみてはいかがでしょうか。