「火星が地球に最接近」今年は中接近 2016/5/31

5月31日(火)、赤い星「火星」がここ10年で一番、地球に接近します。この日、火星と地球の間の距離は7,528万キロメートル(0.50天文単位)。
今回は「中接近」で、2003年8月の大接近時ほどは近づきませんが、それでも天体望遠鏡で火星表面が観測できます。
次回の「大接近」は、2018年7月31日でその距離は、5,759万キロメートル(0.38天文単位)です。

火星が地球に最接近 | 国立天文台(NAOJ)
火星が地球に最接近 | 国立天文台(NAOJ)
5月31日に火星が地球に最接近します。最接近時の火星と地球の間の距離は7,528万キロメートルで、この最接近距離まで近づくのは、2005年11月20日以来です。