「台風7号」関東への最接近は16日夜~17日の明け方 2016/8

台風7号の関東への接近が早まりました。
関東への最接近と荒天のピークは、8月16日(火)夜~8月17日(水)の明け方です。
予報円の東側を進み本州に上陸し場合は、吹き返しの強風が残ります。JR東日本は、風速が25m/s以上になると運転を見合わせます。早朝出勤の方は、交通機関の運行状況にご注意ください。
今後も最新の台風情報に注意してください。

台風7号 関東への接近早まる 影響は(日直予報士)
台風7号 関東への接近早まる 影響は(日直予報士) - tenki.jp
台風7号はこれまでの予想より関東への接近が早まる見込み。明日、16日(火)の夜から17日(水)の明け方にかけて、関東に最も接近する見込みです。台風の関東への影響をまとめました。(2016-08-15 16:35:08)