夏の話題「エアコンはつけっぱなしの方が節約できる」論争は尽きない

8月6日(土)、鬼束7段氏の「夏場にエアコンをつけっぱなし運転したら電気代が安くなった」というツイートが拡散し話題になりました。

前年比34.9%の節約でした。

8月12日(金)、空調メーカーのダイキンが、実際にエアコンを「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」で運転し、一日の消費電力と電気代を比較した結果を公開しました。

<参考資料>第5回『ダイキン 空気のお悩み調査隊がゆく!』エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらの電気代が安くなるの? | ダイキン工業株式会社
グラフ1 エアコン「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力推移

日中はつけっぱなし、夜間はこまめに入り切りがお得でした。

しかし、両者の検証条件は、次のようなほぼ正反対です。

  • 鬼束7段氏は、7月6日~8月3日の29日間、部屋全体の電気代、北向きの日当たりの悪い部屋、11年前に製造のエアコン
  • ダイキンは、8月(猛暑日)の1日、エアコン1台の電気代、南向きの日当たりのよい部屋、最新の省エネエアコン

検証条件が違い過ぎて、これでは比較ができません。
結論は、環境によって大きく左右されます。特に、省エネ機能の有無と外気温。