「穀雨」晩春の候 2017/4/20

4月20日(木)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「穀雨」(こくう)。春雨降りて百穀を生化すれば也、「穀物をうるおす春雨が降る」の意味です。

晩春の春雨は、田畑を潤し、作物を育てます。

二十四節気「穀雨」。春の雨が降るたび新緑が輝くころ(tenki.jpサプリ 2017年4月20日) – tenki.jp
二十四節気「穀雨」。春の雨が降るたび新緑が輝くころ(tenki.jpサプリ 2017年4月20日) - tenki.jp
関東では真夏日を記録したり、北国では雪が降ったり、全国的にさまざまな天候となった今週。本日4月20日から「春の最後の二十四節気「穀雨」となり、万物を潤す雨が降るころを迎えました。穀雨が終われば、風薫る初夏へ。まばゆい陽ざしに緑がきらめく季節の幕開けです。