【更新】「関東平野部に降雪予報」南岸低気圧 2018/1/5

1月5日(金)は、関東の南岸を低気圧が東進する予想です。この影響で、東京都、千葉県、神奈川県の一部で降雪します。

この気圧配置は「南岸低気圧」と呼ばれる事象で、寒気と重なると、時々、関東地方で大雪になります。

しかし、大げさな報道の結果、大した降雪・積雪にならず「フルフル詐欺」などと揶揄されることもあります。
備えあれば患いなし。東京都心でも、ご注意ください。

5日の関東 雪の範囲が変わりました(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
5日の関東 雪の範囲が変わりました(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
5日(金)の夜、関東地方は南岸低気圧の影響で雪や雨。予想される低気圧の位置が変わり、雪や雨は関東南部が中心に。都心は今のところ雪が降る予想です。ただ、まだ予想に幅があるため、今後も最新の情報をチェックしてください。(2018-01-03 18:40:28)

5日は南岸低気圧 関東で雪か 極寒に(日直予報士) – tenki.jp
5日は南岸低気圧 関東で雪か 極寒に(日直予報士) - tenki.jp
5日、金曜日は寒気が居座るなか、本州の南岸沿いを低気圧が進む予想。太平洋側も広く天気が崩れ、関東の平野部でも雪の可能性があります。(2018-01-02 18:49:45)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です