日本気象協会「2018年春の花粉飛散予測(第3報)

1月16日(火)、日本気象協会が全国・都道府県別の2018年春の花粉飛散予測を発表しました。
これによると、今シーズンの花粉飛散数は、去年と比べると、東北、関東甲信、北陸、東海、近畿、四国地方の広い範囲で、多くなります。
また、例年と比べると、東北と東海地方は、例年よりやや多くなります。

敏感な方は、「花粉飛散開始」宣言の半月前(今年は2月中旬)から症状が出ます。早めの花粉症対策をお薦めします。

【関東】今シーズンは去年と比べて150%の「多い」、例年比は100%の「例年並み」です。

花粉ピークは 日本気象協会第3報(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
花粉ピークは 日本気象協会第3報(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今年のスギ花粉のピークは、福岡では2月下旬から、大阪、名古屋は3月上旬から。東京のピークは3月上旬から4月上旬で、飛ぶ期間が長いでしょう。飛散量は東北で前シーズンの約2倍、関東甲信、四国では約1.5倍。16日、日本気象協会発表の花粉飛散予測第3報です。(2018-01-16 18:41:28)