「穀雨」春宵一刻千金の候 2018/4/20

4月20日(金)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「穀雨」(こくう)。春雨降りて百穀を生化すれば也、「穀物をうるおす春雨が降る」の意味です。晩春の春雨は、田畑を潤し、作物を育てます。

春の夜は、なんともいわれぬ趣があり、一刻が千金に値するような心地がする。

この時期の旬のものは「筍」「ヤリイカ」「藤」です。

二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候をその季節の旬とともに紹介するページです。