5月は「木星が観望の好機」2018/5/1~5/31

5月9日(水)は木星が太陽から180度離れる「衝」(しょう)です。衝の頃の木星は一晩中観測できます。

この時期の木星の明るさはマイナス2.5等級です。だから、この5月は木星観測の好機です。

望遠鏡があれば、縞模様が観察できます。

木星が見ごろ(2018年5月) | 国立天文台(NAOJ)木星が見ごろ(2018年5月) | 国立天文台(NAOJ)

木星は、今月9日に衝を迎えます。中旬ごろになると、木星の出が早くなり、真夜中前に南の空高く昇るので、宵のうちから見やすくなります。