3か月予報「【6月】大雨に警戒【7月】早い梅雨明け【8月】厳暑 2018/6~2018/8

5月25日(金)、気象庁が6月~8月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。

これによると、関東の6月~8月の月別平均気温はほぼ平年並みか高くなります。

  • 【6月】本州付近に梅雨前線が停滞しやすく、関平年以上に雨の日が多くなります。今年は平年以上に降水量が多い予想で、大雨に警戒が必要です。
  • 【7月】太平洋高気圧の張り出しが強く、梅雨明けが早い。気温は平年より高く、7月後半から猛暑になります。
  • 【8月】晴れる日が多く、厳しい暑さが続きます。

今年の夏 到来早く「酷暑」に 3か月予報(日直予報士)
今年の夏 到来早く「酷暑」に 3か月予報(日直予報士)
今年は春から季節先取りの暑さの日が多くなっていますが、真夏も気温は平年より高く、猛暑となる予想です。最新の3か月予報の資料をもとに夏にかけての天気と気温の傾向をまとめました。