3か月予報「【8月】猛暑日が続出【9月】厳しい残暑【10月】秋の訪れは遅い」 2018/8~2018/10

7月25日(水)、気象庁が8月~10月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。

これによると、関東の8月~10月の月別平均気温はほぼ平年並みか高くなります。

  • 【8月】チベット高気圧の張り出しが強く、全国的に高温傾向で、盛夏らしい暑さの日が続きます。猛暑日や熱帯夜が続きます。
  • 【9月】天気は周期的に変わり、厳しい残暑に。秋の気配は遅くなります。
  • 【10月】気温は平年並みか高い見込みで、暑さがぶり返す日もありつつ、朝晩は急に冷え込みむ日があり、やっと秋らしくなります。

西ほど高温 広く残暑で秋遠し 3か月予報(日直予報士)
西ほど高温 広く残暑で秋遠し 3か月予報(日直予報士)
8月は西日本を中心に気温が高いでしょう。9月は広い範囲で残暑が厳しく、秋の訪れは遅くなりそうです。最新の3か月予報をもとに、8月から10月の天候の特徴をまとめました。