「立秋」土用明けの暑さ一段と厳しき折 2018/8/7

8月7日(火)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「立秋」(りっしゅう)。初めて秋の気立つがゆへなれば也、「秋の気配が感じられる」の意味です。

まだまだ残暑が続きますが、この時期の旬のものは「ひまわり」「桃」「つゆくさ」「とうもろこし」です。

二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候をその季節の旬とともに紹介するページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です