三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2017/8/13

8月13日(月)の午前10時頃、三大流星群「ペルセウス座流星群」が極大します。見頃は12日の夜遅くから13日の明け方です。

8月11日が新月のため月明かりの影響がなく、観測条件が良好です。出現数は1時間に40個程度です。

【東京】放射点は、北東の方向です。画像は、8月13日0時の予想図です。

因みに気候がいい時期の天体観測には、ソラリラのような簡易ベッドがあると快適です。

ペルセウス座流星群2018 | 国立天文台(NAOJ)
ペルセウス座流星群2018 | 国立天文台(NAOJ)
2018年のペルセウス座流星群は8月13日10時頃に極大を迎えると予想されています。今年は8月11日が新月のため月明かりの影響はまったくなく、たいへんよい条件で流星を観察することができます。