メールでよくある敬語の誤用「御社」「下さい」「頂く」「致します」

ひと昔前と比べてかな漢字変換プログラムは賢くなりましたが、候補一覧に表示する変換候補の一番目を選ぶだけでは、誤用を避けることはできません。

メールでよく見かける誤用は以下の通り。
「御社」「~して下さい」「~して頂く」「よろしくお願い致します」。

いずれも、日本気象協会のtenki.jpで、メールや手紙で間違いがちな「敬語の誤用」を解説しています。

その敬語、実は間違いです! 意外と知られていない敬語の誤用【メール・手紙編】(tenki.jpサプリ 2017年08月30日) – 日本気象協会 tenki.jp
その敬語、実は間違いです! 意外と知られていない敬語の誤用【メール・手紙編】(tenki.jpサプリ 2017年08月30日) - 日本気象協会 tenki.jp
お盆休みも終わり、社会人にとっては日常生活が戻りましたが、夏休み中のお子さんは夏休みももうすぐ終わり。慌てて宿題に取り組んでいるお子さんも多いのでないでしょうか。── さて、数年前から社内での公用語が英語という企業も増えてきていますが、とはいえ、大部分の日本企業は日本語でコミュニケーションがなされています。そうした点から社会人として正しい日本語、失礼のない日本語を使いたいものです。ところが、世の中にはびこる間違い敬語の実に多いこと……(嘆!)。そこで今回は、前回の【日常生活編】に続いて【メール・手紙編】として、メールや手紙で使いがちな「敬語の誤用」をピックアップ! あなたが何気なく使っている敬語、大丈夫ですか!?