二十四節気「冬至」歳末ご多端の折 2018/12/22

12月22日(土)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「冬至」(とうじ)です。

日南の限りを行て日の短きの至りなれば也、「昼が一年中で一番短くなる」の意味です。
日の出・日の入りの位置が最も南寄りになり、太陽の南中高度が最も低くなります。

この時期の旬のものは「柚子」「鮪」(まぐろ)「黒豆」です。

二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候をその季節の旬とともに紹介するページです。