3か月予報「【1月】暖冬【2~3月】晴れの日が少なく降雪注意」2019/12~2019/3

12月25日(火)、気象庁が2019年1月~3月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。

これによると、年末年始は日本付近に寒気が入り、全国的に強い冷え込みになりますが、向こう3か月の気温の傾向は関東では平年並みか高くなり、暖冬傾向が続きます。

【1月】北からの寒気の流れ込みが弱い見込みで高温傾向です。

【2月~3月】冬型の気圧配置が長続きせず、低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量は平年並みか多くなります。南岸低気圧の進路によっては、関東の平野部でも雪が降ります。ご注意ください。

3か月予報 東・西で暖冬 太平洋側雨多い(日直予報士)
3か月予報 東・西で暖冬 太平洋側雨多い(日直予報士)
最新の3か月予報が発表され、東日本・西日本は暖冬傾向となっています。一方、降水量は2月・3月に太平洋側の地域で多くなる予想で、すっきりしない天気の日が多くなりそうです。