「啓蟄」春寒料峭のみぎり 2019/3/6

3月6日(水)は二十四節気(にじゅうしせっき)の「啓蟄」(けいちつ)。陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也、「冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる」の意味です。

自然をたたえ、生物をいつくしむ「春分」まで、あと15日です。

この時期の旬のものは、「さより」(細魚)「わらび」(蕨)です。

二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候|暦生活
二十四節気と七十二候をその季節の旬とともに紹介するページです。