暖候期予報「【6月~7月】梅雨は平年並み【8月】暑さは平年並み」2019/6~8

2月25日(月)、気象庁が6月~8月の暖候期予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象の影響で、偏西風は日本付近で平年より南を流れ、太平洋高気圧の日本付近への張り出しは弱くなります。そして、地球温暖化の影響などにより、全球で大気全体の温度が高くなります。

【6月~7月】梅雨前線や湿った空気の影響を受け曇りや雨の日が多く、梅雨時の降水量はほぼ平年並みです。

【8月】平年に比べて晴れの日が少なく、気温はほぼ平年並み。去年のような極端な高温傾向にはなりません。

今年の夏 エルニーニョで天候不順か(日直予報士 2019年02月25日) – 日本気象協会 tenki.jp
今年の夏 エルニーニョで天候不順か(日直予報士 2019年02月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
今年の夏(6~8月)は、北海道から九州では平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。気温はほぼ平年並みの見込みです。沖縄・奄美は梅雨の降水量が平年並みか多く、気温は平年並みか高いでしょう。25日発表の暖候期予報をもとに、今夏の天候の特徴についてまとめました。