二十四節気「穀雨」盛春の候 2019/4/20

4月20日(土)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「穀雨」(こくう)。春雨降りて百穀を生化すれば也、「穀物をうるおす春雨が降る」の意味です。

春の夜は、なんともいわれぬ趣があり、一刻が千金に値するような心地がします。

2019年4月20日は穀雨(こくう)です。 | お天気.com
2019年4月20日は穀雨(こくう)です。 | お天気.com
2019年4月20日は二十四節気の一つ『穀雨(こくう)』です。
穀雨は春雨が降って百穀を潤す頃という意味があります。
穀雨の頃には南から水蒸気を多く含んだ空気が流れ込むようになり、低気圧が通過するときにはまとまった雨が降るため、田畑を潤して農作物の新芽を盛んに成長させます。
穀雨の次は暦の上で夏が始まる立夏ですが、…