3か月予報「【5月】気温差が大きい【6月】梅雨入り遅め【7月】雨の日多い」2019/5~2019/7

4月24日(水)、気象庁が5月~7月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、梅雨の時期に影響があるようです。梅雨前線の北上は平年より遅く、関東の梅雨入りは遅くなります。
気温差が大きく、体調管理にご注意ください。

  • 【5月】晴れる日がありますが、一時的に寒気が流れ込み、寒の戻りがあります。
  • 【6月】太平洋高気圧の北への張り出しは弱く、梅雨前線の北上は平年に比べて遅い。降水量は平年並みか少なくなります。
  • 【7月】太平洋高気圧の勢力が強まりますが、平年よりも北への張り出しは弱く、晴れの日は少ない。降水量は平年並みか多くなリます。

3か月予報 夏の高気圧張り出し弱め 梅雨に影響か(日直予報士 2019年04月24日) – 日本気象協会 tenki.jp
3か月予報 夏の高気圧張り出し弱め 梅雨に影響か(日直予報士 2019年04月24日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう24日、気象庁は3か月予報を発表しました。この先3か月は、太平洋高気圧の北への張り出しが弱い傾向で、梅雨の時期に影響がありそうです。梅雨前線の北上が平年よりもゆっくりで、沖縄は梅雨が長引く一方、西日本や東日本の梅雨の時期は平年よりも遅くなる可能性があります。