「木星が衝」2019/6/11

6月11日(火)の1時29分、木星が太陽から180度離れる「衝」(しょう)になり、太陽-地球-木星が真直ぐに並びます。

衝の頃の木星は、夕方に東の空から昇り、明け方に西の空に沈むので、一晩中観測できます。この時期の木星の明るさはマイナス2.6等級です。

望遠鏡があれば、縞模様が観察できます。最近は写真撮影が容易なスマホ望遠鏡が便利です。

2019年6月11日 木星がへびつかい座で衝 - アストロアーツ
2019年6月11日 木星がへびつかい座で衝 - アストロアーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください