三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2019/8/13

8月13日(火)16時頃、三大流星群「ペルセウス座流星群」が極大します。

見頃は12日(月・振休)の夜遅くから13日(火)の未明です。8月15日が満月のため月明かりがあり、観測条件は不良です。出現数は1時間に30個程度です。

【東京】放射点は、北東の方向です。画像は、8月13日3時の予想図です。

因みに気候がいい時期の天体観測には、ソラリラのような簡易ベッドがあると快適です。

ペルセウス座流星群が極大(2019年8月) | 国立天文台(NAOJ)
ペルセウス座流星群が極大(2019年8月) | 国立天文台(NAOJ)
今年のペルセウス座流星群の活動は8月13日16時頃に極大を迎えると予想されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください