3か月予報「【10月】まだ半袖が活躍【11月】紅葉遅れる【12月】暖冬」2019/10~12

9月25日(水)、気象庁が10月~12月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、10月は秋雨前線は解消され、12月まで高温傾向が続きます。

  • 【10月】秋らしくカラッとしている日が多く、薄手の服が活躍します。
  • 【11月】平年同様に秋晴れの日が多くなります。高温傾向で、紅葉の進みが遅くなります。
  • 【12月】平年同様に晴れの日が多くなります。平均気温は、平年並みか高めの予想です。

暖かい秋から 雨雪が少ない冬へ 3か月予報(日直予報士 2019年09月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
暖かい秋から 雨雪が少ない冬へ 3か月予報(日直予報士 2019年09月25日) - 日本気象協会 tenki.jp
秋から冬にかけて、全国的に暖かい空気に覆われそうです。この先は秋らしい天気もありそうです。今年の冬は、寒気の流れ込みが弱く、冬型の気圧配置は長くは続かなさそうです。