二十四節気「寒露」2019/10/8

10月8日(火)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「寒露」(かんろ)です。

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也、「秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ」の意味です。

2019年10月8日は寒露(かんろ)です。 | お天気.com
2019年10月8日は寒露(かんろ)です。 | お天気.com
2019年10月8日は二十四節気の一つ『寒露(かんろ)』です。 寒露は晩秋から初冬にかけて草木や木の葉の上につく露のことで、「露が冷気によって凍りそうになる頃」という意味です。寒露の頃は残暑も終わり、日中は過ごしやすい陽気ですが、朝晩は肌寒く感じられるようになり、寒さが少しずつ増していきます。 秋の移動性高気圧に覆…