「ペルセウス座流星群」国立天文台|ほしぞら情報 2014年8月

8月12日(火)深夜~8月13日(水)明け方、三大流星群のペルセウス座流星群が極大します。放射点は北東です。今夜の天気予報は曇りです。晴れても、一晩中月明かりがあり、観測条件はよくありません。

「ペルセウス座流星群」国立天文台|ほしぞら情報 2014年8月
20140812_sp___topics03-m
8月12日深夜から13日明け方にかけて、ペルセウス座流星群の活動が活発になると予想されています。
ペルセウス座流星群は毎年8月12日、13日頃を中心に活動する流星群で、夜空の暗い場所では1時間あたり数十個ほどの流星を見ることができます。しかし今年は、満月過ぎの明るい月が一晩中夜空に見えているため、肉眼で観察できる流星の数は、かなり少なくなるでしょう。
国立天文台では、今年もペルセウス座流星群の観察キャンペーン「夏の夜、流れ星を数えよう 2014」を行います。詳しくは、キャンペーンサイトをご覧ください。