「ふたご座流星群が極大」2014/12/14

12月14日(日)の午後9時に、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が極大します。しかし、夜半頃に月がのぼってくるので、条件はあまり良くありません。放射点は東の方向、出現数は30~50個/時です。画像は、12月14日22時の予想図です。

「ふたご座流星群が極大」ほしぞら情報2014年12月 | 国立天文台NAOJ

14日前後に、ふたご座流星群の活動が活発になります。
ふたご座流星群は、毎年安定した出現を見せる流星群です。一晩中流星が出現するのが特徴です。
今年は真夜中より前に月が出てしまうため、それ以降はあまり観察に適しません。しかし、流星群の活動が最も活発になるのが14日の真夜中前と予想されていますので、月が姿を見せる前の暗い空で観察すれば、多くの流星を見ることができるかもしれません。 また、できれば、14日以外の晩や、月の出ている時間帯にも観察してみるとよいでしょう。
大変寒い季節ですので、寒さ対策をしっかりおこなって観察してください。

簡易ベッドに寝転んでみると快適です。