「今年最小の満月」2015/3/6

今夜、3/6(金)未明、今年最小の満月になります。その時、地球と月の距離は、約40万6400キロメートルです。
なお、今年最大の満月は9月28日に見ることができ、その時、地球と月の距離は、約35万6900キロメートルです。

ほしぞら情報 2015年3月 | 国立天文台(NAOJ)
ほしぞら情報 2015年3月 | 国立天文台(NAOJ)
3月6日未明は、今年最も小さく見える満月となります。
月は地球の周りを回っていますが(公転)、その軌道が楕円形であるため地球と月の距離は一定ではありません。そのために月の見かけの大きさは、地球との距 離が近いときには大きく、遠いときには小さく見えます。また、月の軌道は太陽や地球などの影響を受けて変化するため、月が地球に最も近づくとき(近地 点)、最も遠ざかるとき(遠地点)の距離が毎回異なります。