「宵の明星・金星が最大光度マイナス4.5等」2015/7/10

7月10日(金)の夕方、宵の明星・金星は最大光度になりマイナス4.5等の明るさになります。右横に木星も観測できます。次に金星の最大光度が観測できるのは、9月22日の夜明け前の「明けの明星」です。【東京】20時頃、西の方向です。

ほしぞら情報 2015年7月 | 国立天文台(NAOJ)

2015年7月のほしぞら(星空)情報。東京の星空の様子、天文現象カレンダー、惑星の状況、トピックスとして注目の天文現象を紹介。