三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2015/8/13

8月13日(木)15時30分頃、ペルセウス座流星群が極大します。極大は昼間ですが、前後の8月12日(水)との両日の夜は月明かりの影響がなく、観測条件は最良です。
【東京】放射点は北東の方向、ピークの出現数は100個/時。放射点の高度が高くなる深夜0時過ぎがお薦めの時間帯です。画像は、8月14日(木)午前0時の予想図です。

ほしぞら情報 2015年8月 | 国立天文台(NAOJ)

2015年8月のほしぞら(星空)情報。東京の星空の様子、天文現象カレンダー、惑星の状況、トピックスとして注目の天文現象を紹介。