「きぼう」/ISSの目視予想情報
,

「きぼう」/ISSを見よう 2017/10/17

10月17日(火)の夕方、天気が良ければ東北~関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)が目視観測できます。 【東京】17:36頃、北西の低い空で見え始め、西南西の頭の真上あたりの空でいちばん高くなり、17:4 ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2017年10月) | 国立天文台(NAOJ)
,

「天文トピックス」ほしぞら情報2017年10月

10月の天文トピックスは、「明け方の空で金星と火星が接近10/1~10/15)」「仲秋の名月(10/4)」「北日本でアルデバラン食(10/10)」「月と土星が接近(10/24)」です。 東京の星空・カレンダー・惑星(20 ...
春ちゃん 気象歳時記「秋分の巻」 - NHK
,

「秋分」「秋分の日」仲秋の候、秋色次第に濃く 2017/9/23

9月23日(土・祝)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「秋分」(しゅうぶん)です。陰陽の中分となれば也、「秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる」の意味です。 この時期の東京の日の出時刻は5:29頃で、日の入り時刻は17 ...
春ちゃん 気象歳時記「白露の巻」 - NHK
,

「白露」新秋の候、新秋快適の候 2017/9/7

9月7日(木)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「白露」です。陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也、「しらつゆが草に宿る」の意味です。 秋雨前線の季節になりました。残暑の日もありますが、朝晩は秋らしい気候になり ...
スター・ウィークと伝統的七夕(2017年8月) | 国立天文台(NAOJ)

「伝統的七夕」2017/8/28

8月28日(月)は、旧暦に基づく「伝統的七夕」です。 単純に旧暦の7月7日ではなく、二十四節気(にじゅうしせっき)の「処暑」(しょしょ)以前の新月の日から数えて7日目です。だから月齢は上弦前の6.4で、月の通称は「弓張月 ...
皆既日食(日本では見られない)(2017年8月) | 国立天文台(NAOJ)

「皆既日食」2017/8/22 ※日本では見ることができません

8月22日(火)は、皆既日食ですが、日本では見ることができません。今回、見える地域はアメリカの一部です。北米大陸全域や南米大陸北部では、部分日食を観測できます。 次に日本で皆既日食を見ることができるのは、20年後の203 ...
ペルセウス座流星群が極大(2017年8月) | 国立天文台(NAOJ)

三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2017/8/13

8月13日(日)の午前4時頃、三大流星群「ペルセウス座流星群」が極大します。 見頃は12日の夜遅くから13日の明け方です。ただし、満月過ぎの月齢19.7の月が夜遅くから出現するので、観測条件は良くありません。出現数は1時 ...
山の日調査企画① 山の日の過ごし方(tenki.jpサプリ 2017年8月10日) - tenki.jp

「山の日」施行2年目 2017/8/11

8月11日(金・祝)は、去年から施行された「山の日」です。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する国民の祝日です。 装備を整えた本格的な「登山」「トレッキング」をしたことはありません。精々(せいぜい)「ハイキング」です。 ...
スター・ウィーク「8月の星空案内」リーフレット

「スター・ウィーク~星空に親しむ週間~」2017/8/1~8/7

8月1日(火)~8月7日(月)は、「スター・ウィーク」です。1995年に国立天文台の渡部潤一さんの提言で始まりました。 ホームページで天体観測に便利な「8月の星空案内」リーフレットがダウンロードできます。 STARWEE ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2017年8月) | 国立天文台(NAOJ)

「天文トピックス」ほしぞら情報2017年8月

8月の天文トピックスは、「スター・ウィーク(8/1~8/7)」「伝統的七夕(8/28)」「日本全国で部分月食(8/8)」「ペルセウス座流星群が極大(8/13)」です。 東京の星空・カレンダー・惑星(2017年8月) | ...
厳しい残暑 長引く  3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報「【8月】猛暑が続く【9月】残暑厳しい【10月】秋晴れ多く」2017/8~2017/10

7月25日(火)、気象庁が8月~10月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。 これによると、8月~10月の月別平均気温は平年より高いところが多くなります。 ...
梅雨の終わり「半夏生」には、タコを食べて元気になろう!(tenki.jpサプリ 2017年6月27日) - 日本気象協会 tenki.jp

「半夏生」2017/7/2

7月2日(日)は、雑節(ざっせつ)の「半夏生」(はんげしょう)。夏至(げし)の10日後です。梅雨の末期、天地に毒気が満ち、半夏(ハンゲ)という毒草が生ずると考えられました。また、農作業に深く係わりがある雑節で、この半夏生 ...