「きぼう」/ISSの目視予想情報
,

「きぼう」/ISSを見よう 2019/1/22, 1/24

1月22日(火)、1月24日(木)、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)が目視観測できます。1月22日(火)は、東北~近畿地方でも観測できます。1月24日(木)は、北海道~中国・四国地方の広い範囲でも観測 ...
CNN.co.jp : 「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、来月21日に観測 米
,

「皆既月食」2019/1/21 ※日本では見ることができません

1月21日(月)、北米アメリカの一部で皆既月食が観測できます。日本では見ることができません。 次に日本で皆既月食を観測できるのは、2021年5月26日です。 CNN.co.jp : 「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、 ...
日本気象協会 2019花粉飛散予測 3報(日直予報士)
,

日本気象協会「2019年春の花粉飛散予測(第3報)」

1月17日(木)、日本気象協会が全国・都道府県別の2019年春の花粉飛散予測を発表しました。これによると、今シーズンの花粉飛散数は、例年と比べると、東北から近畿のの広い範囲でやや多い地方が多く、中国地方では多くなります。 ...
二十四節気と七十二候|暦生活

「大寒」寒さひとしお 2019/1/20

1月20日(日)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「大寒」(だいかん)です。冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也、「冷気が極まって、最も寒さがつのる」の意味です。 この時期の旬のものは「南天」(なんてん)「鰤」(ブリ ...
二十四節気と七十二候|暦生活

「小寒」寒の入り 2019/1/6

1月6日(日)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「小寒」(しょうかん)です。 冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也、「寒の入りで寒気がましてくる」の意味です。 この日から節分までの30日間を「寒の内」といいま ...
しぶんぎ座流星群が極大(2019年1月) | 国立天文台(NAOJ)

三大流星群「しぶんぎ座流星群が極大」2019/1/4

1月4日(金)の11時頃、三大流星群「しぶんぎ座流星群」が極大します。 見頃は極大する前の1月4日(木)の0時過ぎです。極大時の日本は昼間ですが、新月間近で月明かりの影響が少なく、観測条件が良好です。出現数は1時間に30 ...