降雪量は平年並みに 3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報「【12月~1月】気温は東高西低【2月】天気は西高東低」2016/12~2017/2

気象庁が12月~2月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。これによると、12~2月の降雪量は、ほぼ平年並みの予想です。 【12月】北日本や西日本の日本海側 ...
西日本は寒い冬に 3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報「【11月】寒暖の差が大きい【12月】大雪と寒気【1月】西日本は厳冬」2016/11~2017/1

気象庁が11月~1月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。これによると、ラニーニャ現象の影響で西日本は寒い冬になりそうです。 【11月】気温は全国的に平年 ...
【第1回】2017年春の花粉飛散予測(日直予報士) - tenki.jp

日本気象協会「2017年春の花粉飛散予測(第1報)」関東はやや少ない

10月6日(木)、日本気象協会が全国・都道府県別の2017年春の花粉飛散予測を発表しました。これによると、来シーズンの花粉飛散数は、今年と比べると、北日本は少なくなり、西日本は多くなります。また、例年と比べると、北日本と ...
猛烈な台風18号 発達ピークに(日直予報士) - tenki.jp

猛烈な「台風18号」が東日本横断?! 2016/10

台風18号が「猛烈」な勢力になりました。最大中心気圧は915hPaに下がり、リンク先の衛星画像で、「台風の目」が確認できます。 台風18号が予報円の中心を進むと、10月5日の夜~10月6日の朝、北陸地方に上陸し東北地方に ...
急に季節が加速 寒い師走 3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報【10月】秋色ゆっくり【11月】行楽日和【12月】ラニーニャで寒い師走

気象庁が10月~12月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。 これによると、冬にかけて、太平洋赤道域で発生しているラニーニャ現象の影響を受け、日本付近には ...
3か月予報 秋の深まり遅く(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報、秋の訪れは遅い【9月~10月】残暑が続く 2016/9~2016/11

気象庁が9月~11月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。これによると、9月~11月も気温の高い傾向が続き、秋の気配を感じる時期は、遅くなります。 今年は ...
秋の訪れ遅く 3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報、秋の訪れは遅い【8月】猛暑日と熱帯夜【9月~10月】残暑が続く 2016/8~2016/10

気象庁が8月~10月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。これによると、8月~10月は気温の高い所が多く、猛暑日と熱帯夜が頻発します。熱中症にご注意くださ ...
今年の梅雨明け 前線消滅型?(日直予報士) - tenki.jp
,

「夏土用の入り」オホーツク海高気圧が優勢な夏 2016/7/19

7月19日(火)は、雑節(ざっせつ)の「夏土用の入り」、立秋(りっしゅう)まであと18日です。今年の「土用の丑の日」は、7月30日(土)です。 関東も梅雨明けが待たれます。しかし、梅雨が明けても今年はオホーツク海高気圧の ...
厳しい暑さ 長く続く 3か月予報(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報【7月~8月】梅雨末期の大雨に注意、梅雨明けに厳暑、【9月】残暑が続く 2016/7~2016/9

気象庁が7月~9月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。 これによると、7月~8月は気温の高い所が多く、特に梅雨の晴れ間や梅雨明け直後は、厳しい暑さになり ...
暦予報「入梅(にゅうばい)」|暦生活
,

「入梅」梅の季節、東京は真夏日 2016/6/10

6月10日(金)は、雑節(ざっせつ)の「入梅」(にゅうばい)。芒種(ぼうしゅ)の後の壬(みずのえ)の日。「梅雨の雨が降り始める頃」の意味です。関東地方は6月5日(日)に梅雨入りしました。 暦予報「入梅(にゅうばい)」を配 ...
3か月予報 梅雨は大雨 その後猛暑へ(日直予報士) - tenki.jp

3か月予報【6月~7月】梅雨でムシムシし大雨に注意、【7月~8月】ラニーニャ現象で猛暑 2016/6~2016/8

気象庁が6月~8月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル入りで傾向を解説してます。 これによると、前半は太平洋高気圧が西に張り出し、暖かく湿った空気が流れ込みやすく、梅雨時期は大雨 ...