三大流星群「ペルセウス座流星群が極大」2016/8/12

8月12日(金)の22時頃、三大流星群「ペルセウス座流星群」が極大します。見頃は13日未明、夜半頃月が沈んだ後は観測条件がよくなります。出現数は1時間に45個程度です。
【東京】放射点は、北東の方向です。画像は、8月14日0時の予想図です。

ペルセウス座流星群が極大 | 国立天文台(NAOJ)
ペルセウス座流星群が極大 | 国立天文台(NAOJ)
ペルセウス座流星群は、毎年8月12日、13日頃を中心に活動するとても観察しやすい流星群です。2016年のペルセウス座流星群はたいへんよい条件で観察ができます。