2023年の「立春」はいつ? 意味や期間中の行事、旧正月・春節との違いをまとめて解説 | Oggi.jp
,

二十四節気「立春」

2月4日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立春」(りっしゅん)です。 春の気たつを以て也、「寒さも峠を越え、春の気配が感じられる」の意味です。旧暦では新年に相当する日です。 20 ...
,

若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2023/2/3, 2/4

2月3日(金)と2月4日(土)の夕方、関東地方で日本人宇宙飛行士・若田光一さんが滞在している「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観察できます。2月3日(金)は、甲信・北陸・東海・近畿・中国・四国地方でも観察し ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2023年2月) | 国立天文台(NAOJ)
,

「天文トピックス」ほしぞら情報2023年2月

2023年2月の天文トピックスは、「2023年最小の満月」(2/6)、「月が金星と木星に接近」(2/22, 2/23)、「月が火星に接近」(2/28)、です。 また、2/3と2/4の夕方、関東地方で日本実験棟「きぼう」/ ...
【二十四節気】2023年の「大寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「大寒」2023/1/20

1月20日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「大寒」(だいかん)です。 冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也、「冷気が極まって、最も寒さがつのる」の意味です。 【二十四節気】20 ...
,

「水星が西方最大離角」2023/1/30

1月30日(月)14時54分、水星が太陽から最も離れる「西方最大離角」になります。最大離角前後の水星の高度は高くなり、観察しやすくなります。 1月18日(水)~2月5日(日)の明け方、水星を目視観察できます。最大離角の頃 ...
若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2023/1/17

若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2023/1/17

1月19日(木)の夕方、関東地方で日本人宇宙飛行士・若田光一さんが滞在している「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観察できます。東北~九州地方の広い範囲でも観察しやすい条件です。 【東京】18:0頃南西の低い ...
【二十四節気】2023年の「小寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「小寒」2023/1/6

1月6日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小寒」(しょうかん)です。 冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也、「寒の入りで寒気がましてくる」の意味です。 この日から節分ま ...
しぶんぎ座流星群が極大(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)

「しぶんぎ座流星群が極大」2023/1/4、観測条件は不良、見頃1/3の未明~明け方

1月4日(水)12時頃、三大流星群の「しぶんぎ座流星群」が「極大」します。 今年は、満月直前で未明過ぎまで月明かりの影響があり、観測条件は不良です。出現数は1時間に25個程度です。 【東京】見頃は1月3日(火)4時過ぎ~ ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2023年1月) | 国立天文台(NAOJ)

「天文トピックス」ほしぞら情報2023年1月

2023年1月の天文トピックスは、「月が火星に接近」(1/3, 1/4)、「しぶんぎ座流星群が極大」(1/4)、「金星と土星が接近」(1/22, 1/23)、「月が木星に接近」(1/26)、「水星が西方最大離角」(1/3 ...
【二十四節気】2022年の「冬至」はいつ?カボチャや柚子湯の由来は? | イエモネ

二十四節気「冬至」2022/12/22

12月22日(木)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「冬至」(とうじ)です。 日南の限りを行て日の短きの至りなれば也、「昼が一年中で一番短くなる」の意味です。 この時期、日の出・日の入り ...
「ふたご座流星群が極大」2022/12/14 見頃は月明かりがない14日と15日の夜半前

「ふたご座流星群が極大」2022/12/14 見頃は月明かりがない13日と14日の夜半前

12月14日(水)22時頃、三大流星群の「ふたご座流星群」が「極大」します。 今年の「ふたご座流星群」の見頃は月明かりがない12月13日(火)と12月14日(水)の夜半前です。今年は、下弦過ぎの月が夜遅く~明け方まで輝き ...
若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/12/5, 12/8

若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/12/5, 12/8

12月5日(月)と12月8日(木)の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観察できます。12月5日(月)は、関東~近畿地方でも観察しやすい条件です。12月8日(木)は、東北~東海・北陸地方でも観 ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2022年12月) | 国立天文台(NAOJ)

「天文トピックス」ほしぞら情報2022年12月

2022年12月の天文トピックスは、「火星が地球に最接近」(12/1)、「月が木星に接近」(12/2, 12/29)、「月が火星に接近」(12/8)、「ふたご座流星群が極大」(12/18)、「月が土星に接近」(12/26 ...