「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/5/14, 5/15
,

「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/5/14, 5/15

5月14日(土)と5月15日(日)の夜のはじめ頃、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観測できます。5月14日(土)は、北海道~沖縄地方のほぼ日本全国で観測しやすい条件です。5月15日(日)は、東北 ...
【二十四節気】2022年の「立夏」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ
,

二十四節気「立夏」2021/5/5

5月5日(木・祝)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立夏」(りっか)。 夏の立つがゆへ也、「夏の気配が感じられる」の意味です。暦の上で夏が始まる日です。 【二十四節気】2022年の「立 ...
,

「天文トピックス」ほしぞら情報2022年5月

2022年5月の天文トピックスは、「金星と木星の接近」(5/1)、「月が土星、火星、木星、金星に接近」(5/22, 5/25, 5/27)、「金星食」(5/27)です。 また、5/14と5/15の夕方、関東地方で「きぼう ...
3か月予報 5月から夏日や真夏日続出 6・7月本格的に暑い夏へ 西ほど大雨警戒(気象予報士 石榑 亜紀子 2022年04月19日) - 日本気象協会 tenki.jp
,

3か月予報「【5月】夏日・真夏日が続出【6月】梅雨入り【7月】暑い夏到来」2022/5~2022/7

4月19日(水)、気象庁が5月~7月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説しています。 これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、海面 ...
,

「月が土星、火星、金星、木星に接近」2022/4/25, 4/26, 4/27, 4/28

4月25日(月)、4月26日(火)、4月27日(水)、4月28日(木)の明け方、新月前の細い月が土星、火星、金星、木星に見かけ上近づき接近して見えます。 月の月齢は23.5~26.6です。 土星の等級は0.8等です。月と ...
【二十四節気】2022年の「穀雨」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「穀雨」2022/4/20

4月20日(水)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「穀雨」(こくう)。 春雨降りて百穀を生化すれば也、「穀物をうるおす春雨が降る」の意味です。 【二十四節気】2022年の「穀雨」はいつ? ...
【二十四節気】2022年の「清明」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「清明」2022/4/5

4月5日(火)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「清明」(せいめい)。 万物発して清浄明潔なれば此芽は何の草としれる也、「すべてのものが生き生きとして清らかに見える」の意味です。 「清明 ...
「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/4/4, 4/5

「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/4/4, 4/5

4月4日(月)と4月5日(火)の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観測できます。 4月4日(月)は、関東~中国・四国地方の広い範囲も観測しやすい条件です。4月5日(火)は、東北・甲信・東海・ ...
4~6月「3か月予報」 今年は早い時期から暑い所も 梅雨入りは平年並みか(気象予報士 望月 圭子 2022年03月25日) - 日本気象協会 tenki.jp

3か月予報「【4月】春めき暖かい春【5月】早くも夏日【6月】梅雨到来」2022/4~2022/6

3月25日(金)、気象庁が4月~6月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説しています。 これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、ラニ ...

二十四節気「春分」2022/3/21

3月21日(月・祝)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「春分」(しゅんぶん)。 日天の中を行て昼夜等分の時也、「太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる」の意味です。 この時 ...
明け方の空で輝く金星(2022年3月) | 国立天文台(NAOJ)

「金星が西方最大離角」2022/3/20

3月20日(日)18時25分、明けの明星「金星」が太陽から最も離れる「西方最大離角」になります。 9月下旬まで、南東~東~北東の方向の低い空で観測できます。 「宵の明星」として夕方に西の空で観測できるのは12月中旬以降で ...
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ

「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/3/17, 3/18

3月17日(木)と3月18日(金)の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観測できます。 3月17日(木)は、北海道~九州地方の広い範囲も観測しやすい条件です。3月18日(金)は、東北・東海・中 ...
【二十四節気】2022年の「啓蟄」はいつ?読み方や意味は?何をする?

二十四節気「啓蟄」2022/3/5

3月5日(土)は1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「啓蟄」(けいちつ)。 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也、「冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる」の意味です。 【二十四節 ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2022年3月) | 国立天文台(NAOJ)

「天文トピックス」ほしぞら情報2022年3月

2022年3月の天文トピックスは、「金星と火星が接近」(3/16)、「金星が西方最大離角」(3/20)、「金星と土星が接近」(3/29)です。 また、3/17と3/18の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステー ...
春~夏の天候の見通し 春は北日本中心に「暖かい」 夏は2年ぶり全国的な「猛暑」か(気象予報士 望月 圭子 2022年02月25日) - 日本気象協会 tenki.jp

3か月予報「【3月】春めき桜の開花は順調【4月】暖かい春【5月】早くも夏日」2022/3~2022/5

2月25日(金)、気象庁が3月~5月の3か月予報を発表しました。これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説しています。 これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、ラニ ...
【二十四節気】2022年の「雨水」はいつ?読み方や意味は?雛人形を飾るのにおすすめの日? | イエモネ

二十四節気「雨水」2022/2/19

2月19日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「雨水」(うすい)です。 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也、「陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる」の意味です ...
【二十四節気】2022年の「立春」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「立春」2022/2/4

2月4日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立春」(りっしゅん)です。 春の気たつを以て也、「寒さも峠を越え、春の気配が感じられる」の意味です。旧暦では新年に相当する日です。 【二 ...