月が火星、アンタレスに接近(2020年1月) | 国立天文台(NAOJ)
,

「月が火星とアンタレスに接近」2020/1/21

1月21日(火)の明け方、新月前の細い月が火星とアンタレスに見かけ上近づき接近して見えます。 月の月齢は 25.6の有明月です。火星の等級は1.4等です。 【東京】午前6時頃、南東方向の低い位置です。 月が火星、アンタレ ...
「きぼう」/ISSの目視予想情報
,

「きぼう」/ISSを見よう 2020/1/20, 1/21

1月20日(月)と1月21日(火)の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)が目視観測できます。1月20日(月)は、東北~沖縄地方の広い範囲でも観測できます。1月21日(火)は東北~近畿地方でも観測でき ...
2020年1月11日 半影月食 - アストロアーツ
,

「半影月食」2020/1/11 肉眼では月の変化はわかりません

1月11日(土)の未明から明け方、半影月食が観測できます。 「半影月食」は、地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される現象で、肉眼観測では、月の形や明るさの変化はわかりません。今年は日本から月食が3回観測できるが ...
しぶんぎ座流星群が極大(2020年1月) | 国立天文台(NAOJ)

三大流星群「しぶんぎ座流星群が極大」2020/1/4 見頃は5日未明~明け方

1月4日(土)の17時、三大流星群「しぶんぎ座流星群」が極大します。 極大時は放射点の高度が低いので、見頃は放射点の高度が高くなる1月5日(日)未明~夜明けです。未明には上弦過ぎの月が沈むので、月明かりの影響がなくなり、 ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2020年1月) | 国立天文台(NAOJ)
,

「天文トピックス」ほしぞら情報2020年1月

2020年1月の天文トピックスは、「初日の出(1/1)」「しぶんぎ座流星群が極大(1/4)」「月が火星、アンタレスに接近(1/21)」「月と金星が接近(1/28)」です。 東京の星空・カレンダー・惑星(2020年1月) ...
日食一覧 | 国立天文台(NAOJ)

「金環日食」2019/12/26 ※日本では部分日食が観測できます

12月26日(木)は、アラビア半島、インド、東南アジアの一部で金環日食が観測できます。日本では、部分日食を観測できます。 次に日本全国で金環日食を観測できるのは、293年後の2312年4月8日です。北海道地域限定なら、1 ...
ふたご座流星群が極大(2019年12月) | 国立天文台(NAOJ)

三大流星群「ふたご座流星群が極大」2019/12/15 見頃は12月14日22時~15日5時

12月15日(日)4時頃、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が極大します。 見頃は12月14日(土)22時~12月15日(日)5時です。今年は、満月過ぎの明るい月が一晩中でているので、観測条件は不良です。出現数は1時間 ...
東京の星空・カレンダー・惑星(2019年12月) | 国立天文台(NAOJ)

「天文トピックス」ほしぞら情報2019年12月

12月の天文トピックスは、「金星と土星が接近(12/11)」「ふたご座流星群が極大(12/15)」「部分日食(12/26)」「月が金星に接近(12/29)」です。 ※日食の観察には、必ず「日食グラス」「日食観察プレート」 ...

「天文トピックス」ほしぞら情報2019年11月

11月の天文トピックスは、「くじら座のミラが極大(11/7)」「金星が土星に接近(11/24)」「水星が西方最大離角(11/28)」です。 ※ミラは、約332日周期で2等級から10等級に明るさが変化する変光星です。 東京 ...

「天文トピックス」ほしぞら情報2019年10月

10月の天文トピックスは、「月が木星に接近(10/3, 10/4)」「月が土星に接近(10/5, 10/6)」「3つの小流星群が極大(10/9, 10/10, 10/22)」です。 東京の星空・カレンダー・惑星(2019 ...