【二十四節気】2022年の「寒露」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ
,

二十四節気「寒露」2022/10/8

10月8日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「寒露」(かんろ)です。 陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也、「秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ」の意味です。 【二十四節気】2 ...
【二十四節気】2023年の「白露」はいつ?読み方や意味は? 何をする? | イエモネ

二十四節気「白露」2022/9/8

9月8日(木)は1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「白露」(はくろ)です。 陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也、「しらつゆが草に宿る」の意味です。 【二十四節気】2023年の「白露 ...
【二十四節気】2022年の「大暑」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「大暑」2022/7/23

7月23日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「大暑」(たいしょ)。暑気いたりつまりたるゆえんなれば也、夏の暑さがもっとも極まるころの意味です。 立秋の前日までの期間は「暑中」です。 ...
【二十四節気】2022年の「小暑」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「小暑」2022/7/7

【暦】7月7日(木)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小暑」(しょうしょ)。 大暑来れる前なれば也、暑気に入り梅雨のあけるころの意味です。 この日から立秋の前日までの期間は「暑中」(し ...
【二十四節気】2022年の「夏至」はいつ?食べ物や半夏生についても解説 | イエモネ

二十四節気「夏至」北半球で昼の長さが最も長い日 2022/6/21

6月21日(火)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「夏至」(げし)。 陽熱至極しまた日の長きのいたりなるを以て也、「昼の長さが最も長くなる」の意味です。 【東京】この時期の東京の日の出時 ...
【二十四節気】2022年の「小満」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「小満」2022/5/21

5月21日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小満」(しょうまん)。 万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る、「すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める」の意味です。 【二十四 ...
【二十四節気】2022年の「穀雨」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「穀雨」2022/4/20

4月20日(水)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「穀雨」(こくう)。 春雨降りて百穀を生化すれば也、「穀物をうるおす春雨が降る」の意味です。 【二十四節気】2022年の「穀雨」はいつ? ...
【二十四節気】2022年の「清明」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「清明」2022/4/5

4月5日(火)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「清明」(せいめい)。 万物発して清浄明潔なれば此芽は何の草としれる也、「すべてのものが生き生きとして清らかに見える」の意味です。 「清明 ...

二十四節気「春分」2022/3/21

3月21日(月・祝)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「春分」(しゅんぶん)。 日天の中を行て昼夜等分の時也、「太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる」の意味です。 この時 ...
【二十四節気】2022年の「啓蟄」はいつ?読み方や意味は?何をする?

二十四節気「啓蟄」2022/3/5

3月5日(土)は1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「啓蟄」(けいちつ)。 陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也、「冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる」の意味です。 【二十四節 ...
【二十四節気】2022年の「雨水」はいつ?読み方や意味は?雛人形を飾るのにおすすめの日? | イエモネ

二十四節気「雨水」2022/2/19

2月19日(土)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「雨水」(うすい)です。 陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也、「陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる」の意味です ...
【二十四節気】2022年の「立春」はいつ?読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「立春」2022/2/4

2月4日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立春」(りっしゅん)です。 春の気たつを以て也、「寒さも峠を越え、春の気配が感じられる」の意味です。旧暦では新年に相当する日です。 【二 ...
【二十四節気】2022年の「大寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「大寒」2022/1/20

1月20日(木)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「大寒」(だいかん)です。 冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也、「冷気が極まって、最も寒さがつのる」の意味です。 【二十四節気】20 ...
【二十四節気】2022年の「小寒」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「小寒」2022/1/5

1月5日(水)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小寒」(しょうかん)です。 冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也、「寒の入りで寒気がましてくる」の意味です。 この日から節分ま ...
【二十四節気】2021年の「冬至」はいつ?カボチャや柚子湯の由来は? | イエモネ

二十四節気「冬至」2021/12/22

12月22日(水)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「冬至」(とうじ)です。 日南の限りを行て日の短きの至りなれば也、「昼が一年中で一番短くなる」の意味です。 この時期、日の出・日の入り ...
【二十四節気】2021年、2022年の「小雪」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「小雪」2021/11/22

11月22日(月)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小雪」(しょうせつ)です。 冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也、「寒くなって雨が雪になる」の意味です。 【二十四節気】2021 ...
【二十四節気】2021年、2022年の「立冬」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「立冬」2021/11/7

11月7日(日)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立冬」(りっとう)です。 冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也、「冬の気配が感じられる」の意味です。 【二十四節気】2021年、2022 ...
【二十四節気】2021年、2022年の「寒露」の読み方や意味は?何をする? | イエモネ

二十四節気「寒露」2021/10/8

10月8日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「寒露」(かんろ)です。 陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也、「秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ」の意味です。 【二十四節気】2 ...
【二十四節気】2021年の「白露」はいつ?読み方や意味は? 何をする? | イエモネ

二十四節気「白露」2021/9/7

9月7日(火)1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「白露」(はくろ)です。陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也、「しらつゆが草に宿る」の意味です。 【二十四節気】2021年の「白露」は ...