「月が火星に接近」2022/10/14

10月14日(金)の夜、下弦前の月が火星に見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は19.7です。
火星の等級はマイナス0.9等です。
月と火星の最接近は10月15日(土)13時59分ですが、この時間は観察できません。

【東京】
見頃は23時頃、東の中位の高さの空ですが、当日は月出時間の21時頃から明け方まで観察できます。
引用画像は、10月14日の東京での23時頃の予想図です。

月が火星に接近(2022年10月) | 国立天文台(NAOJ)
月が火星に接近(2022年10月) | 国立天文台(NAOJ)
10月の夜半前、東の空では明るくなってきた火星が存在感を増しています。14日の夜には、月が火星に近づいて見えます。

皆既月食中に天王星食も見られる「11月8日皆既月食」、半世紀ぶりの有人月着陸を目指す「アルテミス計画始動」、全天周映像で見る縄文時代の星空、初めての皆既月食撮影、胎内星まつり2022レポート、等

表紙画像は川村晶さん撮影・構成「皆既月食で地球の影を撮る」、注目ポイントと撮影計画「皆既月食×天王星食」、研究者・宇宙開発・星空解説「天文系VTuber大集合」、全天一の輝きに潜む白色矮星「シリウスBチャレンジ」、新コーナー「星の街道をゆく」プラネタリウムを巡る鉄道旅ー北海道ー、等

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

「双眼鏡で星空ウォッチング第3版」双眼鏡で見られる特徴的な天体や星座などを最新の写真と図で解説。実際にフィールドに出て星空観察が楽しめるよう現地で役立つ情報。双眼鏡の使い方をはじめ、著者がおすすめする最新機種の紹介など選び方もやさしく詳しく解説