【特集 マンガ大賞2021】第2位

「木星が衝」2021/8/20

8月20日(金)19時00分、木星が太陽と正反対の場所に位置する「衝」(しょう)になり、太陽-地球-木星が真直ぐに並びます。

衝の頃の木星は、19時過ぎに東南東の空から昇り、翌朝5時過ぎに西南西の空に沈むので毎日夜の始め頃~未明に観測できます。

この時期の木星の明るさはマイナス2.9等です。
去年の衝は7月14日でした。

土星と木星が見頃(2021年8月) | 国立天文台(NAOJ)
土星と木星が見頃(2021年8月) | 国立天文台(NAOJ)
太陽系最大級の二つの惑星、木星と土星が見頃を迎えます。衝の頃、木星は約マイナス3等、土星は約0等で、天の川の左(東)で大きな存在感を放っています。

恒星社厚生閣「木星・土星ガイドブック」太陽系の巨大ガス惑星である木星と土星の魅力を余すことなく紹介。オールカラー・図表200点超掲載。

天文ガイド 2021年8月号|撮影マストアイテムの効果と使い方「レンズヒーター徹底解剖」、観測シーズンもいよいよ終盤・木星の四大衛星の相互の現象、ニッコールZレンズ星野実写テスト

月刊星ナビ 2021年9月号|8年ぶりの好条件 ペルセ群出現予想 何個見える?流れ星、赤道儀で追尾して比較明合成 流星群の放射点写真を作る、新発見と深まる謎 ALMA 魂の10年

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。