「水星が東方最大離角」2022/4/29

4月29日(金・祝)17時9分、水星が太陽から最も離れる「東方最大離角」になります。

東方最大離角の前後の水星の高度は10度を超えるので、4月20日(水)~5月7日(土)は水星を目視観測しやすくなります。
この時期の水星の等級はマイナス0.7~1.5です。
引用画像の予想図にある通り、5月2日(月)と5月3日(火)は新月過ぎの細い月との共演が楽しめます。

【東京】
見頃は17時13分~17時17分頃、西南西の方向の低い位置です。
引用画像は、4月29日前後の東京での18時56頃の予想図です。

水星が東方最大離角(2022年4月) | 国立天文台(NAOJ)
水星が東方最大離角(2022年4月) | 国立天文台(NAOJ)
水星は、4月29日に東方最大離角となり、この日前後に日の入り直後の西の低空で見つけやすくなります。

天体望遠鏡 子供や初心者用 150倍 70mm大口径 軽量伸縮式三脚付110cm ワイヤーシャッター、スマホホルダー付き

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

「宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学: イスカンダルへの航海で明かされる宇宙のしくみ」宇宙戦艦ヤマトのイスカンダル往復ルートを辿り、太陽系はどうやってできたか、星の距離はどう測るか、地球以外にも生命が住める場所はあるのかなど、本質的な天文学や最新の宇宙に迫ります。

Newton別冊「138億年の大宇宙 改訂第2版」宇宙の天体と歴史がすべてわかる!太陽系の生命探査に迫る。宇宙の絶景をめぐる。宇宙の誕生と未来の謎。宇宙の研究最前線。