3か月予報「【9月~10月】厳しい残暑と大雨に警戒【11月】ひと雨ごとに秋深まる」2022/9~2022/11

8月23日(火)、気象庁が9月~11月の3か月予報を発表しました。
これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説しています。

これによると、予想される海洋と大気の特徴は、全球で大気全体の温度が高く、ラニーニャ現象の影響で海面水温は太平洋赤道域中部から東部で低く太平洋熱帯域西部では高くなり、積乱雲の発生は太平洋赤道域の日付変更線付近で少なく、ベンガル湾からフィリピンの東にかけて多くなります。
これらの影響で、上空の偏西風はユーラシア大陸から日本の東にかけて平年より北を流れます。
このため、全国的に温かい空気に覆われ、期間の前半は残暑が続きます。

関東地方の傾向は次の通りです。

  • 【9月】引き続き高温傾向で、厳しい残暑になります。
  • 【10月】湿った空気の影響で、降水量は平年並みか多くなります。日本付近に台風が北上すると、秋雨前線を刺激します。大雨にご注意ください。
  • 【11月】降水量は全国的に平年並みで、雨が降るごとに秋が深まります。

3か月予報 残暑長引く 10月にかけ台風や秋雨前線の影響 11月は急に冷え込む(気象予報士 石榑 亜紀子 2022年08月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
3か月予報 残暑長引く 10月にかけ台風や秋雨前線の影響 11月は急に冷え込む(気象予報士 石榑 亜紀子 2022年08月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
きょう23日、気象庁は9月から11月にかけての3か月予報を発表しました。10月にかけて残暑が厳しいでしょう。また、10月まで台風や秋雨前線に伴う大雨にも警戒が必要です。11月は急に冷え込む日が出てきそうです。

KADOKAWA「もっとすごすぎる天気の図鑑 空のふしぎがすべてわかる!」荒木健太郎氏|日本でいちばん有名な気象学者・雲研究者・映画「天気の子」気象監修。25万部突破のベストセラー「すごすぎる天気の図鑑」がも~っと詳しく、さらに濃くなった第2弾!

KADOKAWA「空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑」荒木健太郎|映画「天気の子」気象監修がおくる、空前絶後の気象の話!

大雪が降ったり、台風がやってきたり…。日々の天気は、私たちの生活とは切っても切れないことがらです。天気の変化は、どうしておきるのでしょうか?

天気予報を見るのが楽しくなる。雲がどのようにしてでき、雨となるのか。そしてその変化を予測する天気予報が、どのようにしてつくられているのか。天気と天気予報のことをわかりやすく解説します。毎日の天気予報の内容が、1段深く理解できるようになるはずです。