若田光一さんが滞在している「きぼう」日本実験棟/ISSを見よう 2022/12/5, 12/8

12月5日(月)と12月8日(木)の夕方、関東地方で「きぼう」/ISS(国際宇宙ステーション)を目視観察できます。
12月5日(月)は、関東~近畿地方でも観察しやすい条件です。
12月8日(木)は、東北~東海・北陸地方でも観察しやすい条件です。

【東京】
12月5日(月)は、18:9頃北西の低い空で見え始め、18:11頃北北西の高め空でいちばん高くなり、地球の影に入り見えなくなります。
12月8日(木)は、17:19頃北西の低い空で見え始め、17:22頃南南西の高めの空でいちばん高くなり、17:25頃南東の低い空に移動して見えなくなります。

見え方の特徴は、星がスムーズに動いているように見えます。飛行機と違い点滅しません。
見つけ方は、「国際宇宙ステーションをみよう」(ライフパーク倉敷科学センター)を参考にしてください。

次に関東地方で夕方に目視観察できる絶好機会は、来年1月以降です。
当ブログでは、東京で最大仰角(地平線から天頂に向かって計った角度)が約45度以上の場合に紹介します。

日本人宇宙飛行士・若田光一さんは2023年4月までISSに滞在します。

#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ
#きぼうを見よう - 国際宇宙ステーションが見える予測日時をお知らせ

レゴ(LEGO) アイデア 国際宇宙ステーション 21321

バンダイ「1/10 ISS船外活動用宇宙服」国際宇宙ステーションで活躍する最小の宇宙船・船外活動用宇宙服を1/10スケール精密プラモデルで再現。

KADOKAWA「ASTROGUIDE 星空年鑑2023」2022/11/11|2023年注目現象の見どころや、毎月の星空の様子を先取りできます。スマホアプリ「星空ナビ」との連動でさらに便利に楽しめます。特集記事では「みせる星空」をテーマに、観望会で星空を「見せる」、星空を美しく撮影して「魅せる」という楽しみ方を提案します。

誠文堂新光社「天文年鑑2023年版」 2022/11/24|天文ファンが毎年安心して手に取れる、天文現象を観測するための予報データブックです。12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星の予報、流星の予報など、2023年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。