二十四節気「小寒」2020/1/6

1月6日(月)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「小寒」(しょうかん)です。

冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故益々冷る也、「寒の入りで寒気がましてくる」の意味です。

この日から節分までの30日間を「寒の内」といいます。そして、寒が明けた翌日が「立春」です。

2020年1月6日は小寒(しょうかん)です。 | お天気.com
2020年1月6日は小寒(しょうかん)です。 | お天気.com
2020年1月6日は二十四節気の一つ『小寒(しょうかん)』です。 小寒は寒さがますます厳しくなる頃を言います。 小寒のこの日が寒の入りとなり、節分までの期間を寒の内とも言います。 これから寒さが更に厳しくなるころとなりますが、冬至から半月ほど過ぎているため日の入りが遅くなっていますので、少しずつ昼が長くなったと感じら…