三大流星群「しぶんぎ座流星群が極大」2020/1/4 見頃は5日未明~明け方

1月4日(土)の17時、三大流星群「しぶんぎ座流星群」が極大します。

極大時は放射点の高度が低いので、見頃は放射点の高度が高くなる1月5日(日)未明~夜明けです。未明には上弦過ぎの月が沈むので、月明かりの影響がなくなり、観測条件が良好です。
ピーク時の出現数は1時間に20個程度です。

【東京】1月5日(日)1時~5時。放射点は、北東の方向です。

しぶんぎ座流星群が極大(2020年1月) | 国立天文台(NAOJ)
しぶんぎ座流星群が極大(2020年1月) | 国立天文台(NAOJ)
今年のしぶんぎ座流星群の極大は、1月4日17時頃と予想されています。しかし、夜半前は放射点の高度が低いため観察には適さず、観察に適した時間帯は5日の夜明け前2〜3時間となります。見える流星の数は、空の暗い場所で、1時間あたり最大20個程度と予想されます。