「手洗い」最も基本的な感染症予防対策

感染症予防対策の基本は「手洗い」と「咳エチケット」です。
特にこまめな手洗いとアルコール消毒液による手指消毒を行えば、細菌やウイルスの除去効果が高まります。

手洗いのタイミング

  • 外出先からの帰宅時
  • 調理の前後
  • 食事前
  • トイレの使用後

洗い残しの多い部位

  • 指先や爪の間
  • 手首
  • 指の間
  • 親指の周囲
  • 手のしわ

引用画像は厚生労働省ホームページ「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」のパンフレット(抜粋)ですが、手洗いの仕方はインフルエンザ、ノロウイルスを問わず有効です。

高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版(2019年3月)|厚生労働省
高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版(2019年3月)|厚生労働省

One comment to “「手洗い」最も基本的な感染症予防対策”
  1. Pingback: 「咳エチケット」マスク、ティッシュ、ハンカチ、袖で口や鼻を覆う | トピックス | Web栞::キュレーション

Comments are closed.