二十四節気「立秋」2020/8/7

8月7日(金)は、1年を24等分した季節の節目「二十四節気」(にじゅうしせっき)の「立秋」(りっしゅう)。初めて秋の気立つがゆへなれば也、「秋の気配が感じられる」の意味です。

「秋」とは名ばかりで、これから残暑が続きます。
「暑中」が過ぎたので、この日から暑さを見舞う手紙を出す場合は「残暑見舞い」になります。

【みんなの知識 ちょっと便利帳】
【みんなの知識 ちょっと便利帳】

「まいにち暦生活 日本の暮らしを楽しむ365のコツ」にっぽんの季節をゆる~く楽しむ。旬の食材、行事、草花、ことばetc.

「二十四節気を楽しむ図鑑」日本の伝統行事と季節の魅力をぎっしり詰め込んだ歳時記入門。

「しきたり十二ヵ月手帳 2020」季節を感じて暮らすよろこび。行事、挨拶、歳時記から旧暦、干支、月の満ち欠け、六曜まで。「四季のリズム」と「生活の節目」を大切に暮らす人の「和の手帳」。

「七十二候がまるごとわかる本 最新版」「味覚・名所・俳句」から「暮らしの知恵袋」まで。