「火星が地球に最接近」今回は準大接近 2020/10/6

【天文】10月6日(火)23時18分、10月14日に衝になる「火星が地球に最接近」します。

この日、火星と地球の間の距離は6,207万キロメートルで、等級はマイナス2.6等です。天体望遠鏡があれば、火星表面の模様が観測できます。

火星と地球は約2年2か月ごとに接近します。次回の「最接近」は、2022年12月1日でその距離は8,145万キロメートルです。

【東京】見頃は午後11時過ぎ、南南東の方向です。引用画像は、10月6日(火)23時18分の東京の予想図です。

火星が地球に最接近(2020年10月) | 国立天文台(NAOJ)
火星が地球に最接近(2020年10月) | 国立天文台(NAOJ)
火星が10月6日に地球に最接近、14日に「衝」となり、見頃を迎えます。

河出書房新社「火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて」生命はあるのか?人類は住めるのか?―洪水や溶岩の跡、氷、砂嵐…。キュリオシティから送られる豊富な画像をはじめ、これまでと今後の探査をすべて解説し、その魅力を徹底紹介!

日経ナショナルジオグラフィック社「マーズ 火星移住計画」現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。

AOMEKIE「天体望遠鏡」70mm大口径150倍 初心者と子供向け スマホ撮影アダプター付き

エレコム「EDG-TLS001」スマートフォンをセットし、スマホ画面で観察できる光学約35倍のカートン組み立て式天体望遠鏡