3か月予報「【11月】平年並みか高い【12月】急に冬らしく【1月】ほぼ平年並みで寒冬」2020/11~2021/1

10月23日(金)、気象庁が11月~1月の3か月予報を発表しました。
これを日本気象協会のtenki.jpが、ビジュアル化して傾向を解説してます。

これによると、上空の偏西風は大陸上で平年より北を流れやすく、日本付近では南に蛇行するため、シベリア高気圧が南東に張り出しやすくなり、東日本以西に寒気が流れ込みやすくなります。このため11月はほぼ平年並みか高くなりますが、12月は平年並みか低くなります。

  • 【11月】まだ日本付近は暖かい空気に覆われ、関東地方の平均気温は「平年並みか高く」なります。
  • 【12月】寒気の影響を受け、平均気温は「平年並みか低い」ですが、去年が暖冬だったので、今年は本格的な冬の寒さ「寒冬」になります。
  • 【1月】1月も寒気の影響を受け平均気温は「ほぼ平年並み」です。

太平洋の海面水温が中・東部赤道域では低く、西部熱帯域では高い「ラニーニャ現象」が発生しており、長期化する見込みです。ラニーニャ現象が発生するとその影響で、関東地方の冬の気温が低くなる傾向があります。

3か月予報 晩秋は気温高め 初冬は急に冬らしくなる(日直予報士 2020年10月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
3か月予報 晩秋は気温高め 初冬は急に冬らしくなる(日直予報士 2020年10月23日) - 日本気象協会 tenki.jp
気象庁が23日に発表した3か月予報によると、気温は、11月は全国的に平年並みか高く、12月は沖縄・奄美、九州から関東は、平年並みか低くなり、1月も冬らしい寒さでしょう。

見上げるたびに 空が楽しくなる。雲研究者が伝える雲との上手な付き合い方。荒木健太郎(あらきけんたろう)著。気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官。

大雪が降ったり、台風がやってきたり…。日々の天気は、私たちの生活とは切っても切れないことがらです。天気の変化は、どうしておきるのでしょうか?

天気予報を見るのが楽しくなる。雲がどのようにしてでき、雨となるのか。そしてその変化を予測する天気予報が、どのようにしてつくられているのか。天気と天気予報のことをわかりやすく解説します。毎日の天気予報の内容が、1段深く理解できるようになるはずです。

集中豪雨、河川氾濫、台風……。命を守るために、出来ることは、やるべきことは……!?知恵と知識で気象災害から命を守れ!気象災害に立ち向かう本格ドラマ!