「2020年最小の満月」2020/10/31

10月31日(土)夜遅く、地球と月の距離が最遠になる「2020年最小の満月」が観測できます。

この日の月と地球の距離は、40万6,394kmキロメートルです。
月齢は14.8です。

地球と月の距離が最近になる今年最大の満月は、4月8日(水)昼間でした。

【東京】30日16:24に東の空に現れ、翌10月31日4:23に西の空に移動して沈みます。視直径(見かけの大きさ)が最小になる時間は、31日午前3:45です。

あすは十三夜 土曜日は今年最小の満月 気になる天気は?(日直予報士 2020年10月28日) - 日本気象協会 tenki.jp
あすは十三夜 土曜日は今年最小の満月 気になる天気は?(日直予報士 2020年10月28日) - 日本気象協会 tenki.jp
あす29日(木)は十五夜に次いで月が美しいとされる「十三夜」。関東から九州、沖縄ではお月見を楽しめる所が多くなりそう。もし、雲に隠れて見られないとしても、チャンスはまだあります。31日(土)は「今年最も小さく見える満月」。こちらは、きれいに見られる所が多いでしょう。

「星ナビ」創刊は20年前の2000年12月号。特集「星空タイムリープ」では、21世紀とともに歩んできた「星ナビ」の20年を振り返ります。創刊20周年特別綴じ込み付録「星空未来カレンダー2021-2040」は「未来」に目を向け、これから20年間に起こる見逃せない天文現象をまとめました。

AOMEKIE「天体望遠鏡」70mm大口径150倍 初心者と子供向け スマホ撮影アダプター付き

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。