「月が火星に接近」2020/11/25, 11/26

11月25日(水)と11月26日(木)の夕方、上弦過ぎの明るい月が、10月6日に地球に最接近し10月14日に衝になった火星に見かけ上近づき接近して見えます。

月の月齢は10.2~11.2です。
火星の等級はマイナス1.3等です。

【東京】見頃は午後7時頃、南東の方向です。引用画像は、11月25日~11月26日の東京での午後7時の予想図です。

月が火星に接近(2020年11月) | 国立天文台(NAOJ)
月が火星に接近(2020年11月) | 国立天文台(NAOJ)
11月25日から26日にかけて、上弦を過ぎて満月に向かいつつある月が、火星の近くに見えます。

組立式天体望遠鏡「天体望遠鏡ウルトラムーン」学研プラス|明るく見やすいレンズで、月のクレーターまでくっきり見える天体望遠鏡キット。宇宙への興味を育むガイドブックつきで、初めての望遠鏡に最適。ガイドブック監修は渡部潤一(国立天文台)。【ご注意】キットに三脚は含まれません。

特集は「6年の軌跡と新たな旅へ、はやぶさ2の帰還」。綴じ込み特別付録「星空カレンダー2021」見逃せない天文現象。

創刊73年「天文年鑑 2021年版」2020/11/24|12カ月の毎月の星空、日食や月食、各惑星の動き、彗星、流星群などの各天文現象についての予報など、2021年に起こる天文現象について数値データや図版をもとに解説します。

技術評論社「天体観測手帳2021」2020/9/12|毎月&毎週の星空イラストと天文イベントを非常に美しいカラーイラストと写真で楽しめる「天体観測」のための手帳。2021年の天文データも満載。